全国仲間たち

たぶのきネットワーク石巻

「たぶのきネットワーク石巻」は東日本大震災直後に首都圏在住で石巻市内中学校卒の同期生が<芸術の力で「子供に笑顔を!」>をスローガンに被災地支援を行った「石巻支援三七会」が母体で、5年間の活動を経て終了後、同会有志と地元賛同者で「たぶのきネットワーク石巻」を設立し6年になります。会員は23名。被災した子供たちが故郷の自然に触れながら自然の魅力や大切さを知り、様々な体験を通して人間力を高め、故郷を愛する豊かな人間に育つことを願って活動しています。各種イベントを随時開催し、ご家族皆さまに楽しんで頂いています。

団体の主な活動

1. 森の整備
2.「学校林」の下草刈りや植樹                  
3.「学校林」の整備と自然観察           
4.「学校林」の生態系保護                      
5. 学校の学習活動への支援                     
6.「オオムラサキ」の生息環境の保全と観察              
7. 間伐材などを利用した木工教室
8. 森や沢、海での各種イベントを開催
9. 地域の活性化

活動で大事にしていること

自然環境に配慮し保護しながら、活動の目的をいかに実現できるかを検討し実践しています。また学校や地域住民、森林組合や他関係団体との連携を密にし、こうした活動が継続し未来へつながることを念頭に努力して活動を進めています。

団体の特長

・長年放置され荒れた杉林が三年間の整備活動で心地良いみんなの森に生まれ変わりました。
・会員が間伐した森の樹を、森の中で自分たちで製材して活用。端材も燃料にするなど間伐材の全てを有効活用しています。
・森、沢、海、地層など豊かな自然相手の多彩なイベントを開催。
・会員の多くが高齢ですが、各人の人生経験が効果的に発揮され、活動がスムーズに展開しています。

・現在は長年放置された学校林の豊かな生態系を守りながら、環境教育に活用できるよう努めています。

今後の課題

生物や環境保全などの知識が無く皆で学習していますが専門家の指導が必要です。地元を中心に適任者を探しています。 また会員の多くが高齢なので、一緒に活動する若い方々の参加を願っています。

『もりハグ!』サイトを通じて、他団体と情報交換したいこと

生態系保護のための環境整備の仕方など、実践するために必要な具体的な情報交換ができれば有難いです。

団体情報

団体名たぶのきネットワーク石巻
ジャンル・地域の環境改善・美化
・自然観察・環境教育
・地域のコミュニティづくり
・地域の生物多様性を守る
・植林・間伐など林業ボランティア
会員数23名
主な活動
スケジュール
毎月一回(土曜日)
活動場所宮城県石巻市
最寄り駅JR石巻駅
会員募集について会員募集中(随時)
イベント開催時に参加者募集
見学可能
まずはお問い合わせください
携帯電話番号090-8113-3355
ホームページhttp://www.tabunokinet.com

備考・注意事項

2021年の夏から「学校林」の再生事業を開始しました。17年前に「実りの里山創生事業」で作られた「学校林」への道のりが遠く利用できずにいたので、近道を整備しました。「学校林」は栗、梅、柿、サクランボが豊かに実り、多様な昆虫が棲息する生物の宝庫でした。ご一緒に「学校林」の魅力を守り育くんてみませんか。

この団体へメールを送る

この団体の活動の活動について、もっと知りたい/参加してみたい/交流したいという方は、ぜひこのメールフォームからお問い合わせください。

※このメールは直接団体の代表アドレスに届きます。

お名前
メールアドレス

お問い合わせ内容