全国仲間たち

NPO法人自然回復を試みる会・ビオトープ孟子

1998年2月設立以来、海南市孟子不動谷の生物多様性保全活動と、保全活動により復元した生物多様性題材とした子どもたちに向けての環境学習の実践活動行っています。里山保全活動として、水辺ビオトープ(とんぼ池)の掘削管理、無農薬稲作の実践、高野山奥の院御廟用黒炭焼きと、炭材獲得のために林野庁の助成受けつつ孟子不動谷内雑木林の間伐行っています。また、指定管理者として、海南市あんぱく公園(海南市大野中995-2)の運営管理行っています。

団体の主な活動

孟子不動谷の里山保全復元活動、動植物モニタリング活動、環境学習の実践活動、海南市あんぱく公園の管理運営(指定管理者)

活動で大事にしていること

平成22年12月に公益社団法人日本ユネスコ協会連盟主催第1回プロジェクト未来遺産登録受けて以来、幼稚園児、小学生、中学生、大学生等、さまざまな年齢層の子どもたちによる自然観察・調査研究活動の継続しています。

団体の特長

動植物のモニタリング調査活動、設立以来継続していることが大きな特徴の1つです。URLにモニタリング調査時に撮影した生態写真及び調査結果リストの掲載行っています。また、未来遺産登録以来継続している子どもたちの環境学習活動も、同会の自慢できるシステムの1つです。

今後の課題

どこの会でも最も大きな課題であると考えられる後継者の問題です。それと年々増加する孟子不動谷内の休耕地の活用についても、大きな課題であるといえます。

団体情報

団体名NPO法人自然回復を試みる会・ビオトープ孟子
ジャンル・地域の環境改善・美化
・自然観察・環境教育
・地域の生物多様性を守る
主な活動
スケジュール
未来遺産運動(土日)
活動場所和歌山県海南市孟子不動谷
最寄り駅和歌山電鉄貴志川線 大池遊園駅
会員募集について会員募集中(随時)
見学可能
電話番号073-484-5810
携帯電話番号090-1909-9791
ホームページhttps://mo-ko.jp/

この団体へメールを送る

この団体の活動の活動について、もっと知りたい/参加してみたい/交流したいという方は、ぜひこのメールフォームからお問い合わせください。

※このメールは直接団体の代表アドレスに届きます。

お名前
メールアドレス

お問い合わせ内容